青汁で生活習慣病を予防

生活習慣病とは、生活習慣が原因で起こる病気の事です。
そのため要因を特定する事が難しく、規則正しい生活習慣を送る、栄養バランスの取れた食生活を心がけるなど、生活習慣そのものを大きく変える事でしか、予防は出来ない。
そんなふうに考えていませんか?
確かに、生活習慣を変えられるなら、それに越した事はありません。
しかし、生活習慣とは必要に応じて、その生活習慣になったわけですから、生活習慣を変える事などそう簡単にできる事ではありません。ですが、青汁を飲むだけで、生活習慣病は予防する事が可能です。

ビタミンEで生活習慣を予防する

生活習慣病の1つである動脈硬化は、血液がドロドロになった事で詰まりやすい危険な状況です。
血液はドロドロの状態ではなく、サラサラの状態でなければ健康ではいられません。
そして血液をサラサラにしてくれる栄養素が「ビタミンE」なのです。
ビタミンEは、体内で活性酸素を除去し、コレステロール値を防ぐのを防ぎます。
抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果が期待できます。
毛細血管を広げる働きがあるため、血行促進の効果があります。
つまり、ビタミンEは、生活習慣病を予防するのに、効果的な栄養素だと言えるでしょう。

ビタミンEを青汁で効果的に摂取する

生活習慣病の予防に効果がある、ビタミンEは野菜だと西洋かぼちゃに多く含まれる栄養素です。
あと、抹茶やアーモンドなどの食品にも含まれます。
そしてビタミンEは、ビタミンAやビタミンCと一緒に摂取する事で、相乗効果が高まります。
そしてビタミンEとビタミンA、ビタミンCの栄養素を一度に摂取できるのが、青汁なのです。
ビタミンEはサプリメントでも摂取可能ですが、原料が緑黄色野菜から作られている食品の天然型ビタミンEの方が、効果が高いというデータもあります。
生活習慣を変える事は難しいですが、ビタミンEを摂取する事で、生活習慣を変えずに生活習慣病の予防をする事が可能です。

青汁でメタボリックの予防ができる

健康診断で、メタボ予備軍だと診断されてしまった。最近お腹が出てしまい、ベルトがきつい。
そんな男性は少なくないでしょう。
女性の場合は、若い頃から美容やスタイル維持のために、いろいろダイエットを行っています。
ですが、男性はダイエットとは無縁生活を送ってきたのに、いきなりメタボだからダイエットをするように言われても、どうすればいいのか戸惑ってしまうでしょう。
そんな人にオススメしたいのが、青汁で、メタボ予防なのです。

メタボの原因は?

そもそもメタボの原因は、高脂質で高カロリーな食生活に問題があるケースが多いのです。
栄養のバランスが偏った食事、ストレスや運動不足とも関係しています。
そしてメタボ対策として、食生活を野菜中心の生活にする事です。
ですが、いきなり野菜中止の食生活に変えるのは難しいですよね。
そこで野菜不足を補い、栄養バランスを整える事ができる方法として、青汁が注目されているわけです。

青汁でメタボ予防ができる理由

メタボになると、血液はドロドロになってしまいます。
そして、動脈硬化や、脳梗塞、心筋梗塞などの原因となってしまいます。
ドロドロになってしまった血液を、サラサラにする方法とは、緑黄色野菜をしっかり食べて、水分補給を行う事です。
メタボ予防ができる理由はいくつかあります。
まず1日1杯飲むだけなので、お手軽で続けやすいという事。
メタボは生活習慣病ですから、短期間だけ予防策を取ればいいというわけではありません。
長期間続ける事を考慮すれば、負担が大きいやり方では続ける事ができませんから、お手軽である事が重要なのです。
そして栄養価が高いのに、カロリー、脂質、糖質は少ないので、太る心配がありません。
配合成分のカリウムは、血圧を下げる働きがあり、ポリフェノールは動脈硬化を防ぐ働きがあります。
そして食物繊維は、血液中の糖やコレステロールを排出する働きがあります。
メタボ予備軍の人は、できるだけ早く、予防を始めて下さいね。