妊娠中に青汁を飲んでも大丈夫?

妊娠中は、口に含んだものが、そのままお腹の中の赤ちゃんに直結しますから、注意が必要です。
普段安全だと思って飲んでいるコーヒーや常備薬でも、赤ちゃんに悪影響を与える事があるからです。
妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんのために、普段よりもさらに栄養価の高いモノを摂取しなければいけない時期です。
では、妊娠中に青汁を飲む事は、いい事なのでしょうか?それとも悪い事なのでしょうか?

妊娠中に青汁を飲んでも大丈夫?

まず先に結論から言ってしまうと、妊娠中でも授乳中でも、飲んでも全く問題ありません。
問題がないどころか、栄養バランスに優れた飲み物なので、積極的に飲んで欲しいと言えるでしょう。
特におススメの商品は、原料に葉酸が配合されている商品です。
葉酸とは、緑黄色野菜に含まれるビタミンB群の栄養素です。
葉酸が胎児の先天性異常を防ぐ働きがあるため、妊娠中は特に摂取しておきたい栄養素なのです。

妊娠中に選びたい商品の注意点

ただし、どの青汁の商品でも妊娠中にオススメというわけではありません。
原料をチェックして、以下の成分が配合されている場合は、控えるようにして下さい。
「カフェイン」は、美味しく飲むために、味を加える方法として抹茶を配合している商品があります。
普段であれば、抹茶入りの商品で問題ありませんが、妊娠中はカフェインは胎盤の血流量が減少するため、摂取してはいけない栄養素です。
「食品添加物」は法律で認められた添加物しか使用されていませんが、万が一に備えて、食品添加物が配合されている商品は控え、国産の無添加の商品を選びましょう。
「農薬、残留農薬」微量であっても農薬や残留農薬が含まれる商品は控えて下さい。
大人の身体にとっては、支障がない量であっても、身体の小さい胎児の場合は、大きな悪影響を及ぼす可能性があります。
また安全性が高く、栄養価が高い青汁であっても、飲みすぎはNGです。
通常時には問題がない量であっても、妊娠中は体調は非常に繊細な状況です。
飲みすぎる事で、下痢や嘔吐の原因になったり、カリウムの過剰摂取がカリウム中毒の原因になってしまいます。
もちろん、1日1杯であれば、問題がない量だと言えるでしょう。