青汁で生活習慣病を予防

生活習慣病とは、生活習慣が原因で起こる病気の事です。
そのため要因を特定する事が難しく、規則正しい生活習慣を送る、栄養バランスの取れた食生活を心がけるなど、生活習慣そのものを大きく変える事でしか、予防は出来ない。
そんなふうに考えていませんか?
確かに、生活習慣を変えられるなら、それに越した事はありません。
しかし、生活習慣とは必要に応じて、その生活習慣になったわけですから、生活習慣を変える事などそう簡単にできる事ではありません。ですが、青汁を飲むだけで、生活習慣病は予防する事が可能です。

ビタミンEで生活習慣を予防する

生活習慣病の1つである動脈硬化は、血液がドロドロになった事で詰まりやすい危険な状況です。
血液はドロドロの状態ではなく、サラサラの状態でなければ健康ではいられません。
そして血液をサラサラにしてくれる栄養素が「ビタミンE」なのです。
ビタミンEは、体内で活性酸素を除去し、コレステロール値を防ぐのを防ぎます。
抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果が期待できます。
毛細血管を広げる働きがあるため、血行促進の効果があります。
つまり、ビタミンEは、生活習慣病を予防するのに、効果的な栄養素だと言えるでしょう。

ビタミンEを青汁で効果的に摂取する

生活習慣病の予防に効果がある、ビタミンEは野菜だと西洋かぼちゃに多く含まれる栄養素です。
あと、抹茶やアーモンドなどの食品にも含まれます。
そしてビタミンEは、ビタミンAやビタミンCと一緒に摂取する事で、相乗効果が高まります。
そしてビタミンEとビタミンA、ビタミンCの栄養素を一度に摂取できるのが、青汁なのです。
ビタミンEはサプリメントでも摂取可能ですが、原料が緑黄色野菜から作られている食品の天然型ビタミンEの方が、効果が高いというデータもあります。
生活習慣を変える事は難しいですが、ビタミンEを摂取する事で、生活習慣を変えずに生活習慣病の予防をする事が可能です。