青汁を毎日飲み続けるコツ

野菜不足を補うため、健康や美容のため、いろいろと目的があるとは言え、毎日青汁を飲み続けるのは簡単ではありません。では毎日飲み続けるためのコツについて紹介していきます。

毎日飲み続けるコツは

不味いけれど、野菜不足解消のために我慢して飲んでいる。そんな、イヤイヤ飲んでいる飲んでいるのでは、毎日飲み続ける事は苦痛です。まず、商品を選ぶ際に、自分にとって飲みやすい商品を選ぶ事が大切です。冷凍タイプ、ドリンクタイプ、粉末タイプ、粒タイプがあり、味への苦手意識が強いなら粒タイプがオススメです。

またいろいろアレンジができるという意味では粉末タイプがオススメです。例えば飲みやすくアレンジをするのなら、粉末をただ水で溶かすだけよりも、牛乳や豆乳で溶かして味をマイルドにする方法。粉末を水で溶かす場合でも、スプーンで混ぜるよりも、シェイカーで混ぜる方が味わいがまろやかになります。夏は氷を入れて、フローズンのようにして飲んでもいいですよね。

青汁に味を足して変化を加える

また毎日同じ味では、飲み続けるのも飽きてしまいます。そのため、味を足して変化を加えてみてはどうでしょうか?はちみつ、ジャム、レモン汁、きなこ、抹茶、カルピスなど、合わせてみると意外と合って味が美味しく変化します。また粉末タイプだからこそ、水に溶かさず粉末のまま利用する事も可能です。

毎朝ホームベーカリーで焼きたての食パンを食べているという家庭なら、パンの材料に粉末を混ぜてみてはどうでしょうか?抹茶風味のパンが焼きあがります。ヨーグルトと合わせると、食物繊維と乳酸菌で便秘解消のW効果が期待できます。ちょっとしたアレンジを加える事で、味に変化が加わり、毎日青汁 飲みやすくする事ができるようになるでしょう。

他にも飲む時間を決めて、習慣化してしまえば、飲む事を忘れたり、飲む事を苦痛に感じる事はなくなるかもしれませんね。そして毎日飲み続ける事ができれば、その効果を実感する事ができ、もう手放せなくなるのではないでしょうか?

青汁が美味しくなったって本当?

青汁は不味い、苦いというイメージがあまりに強く、それが原因で飲まず嫌いの人も多いでしょう。しかし、最近の商品は飲みやすさに拘って作られたものが多く、美味しくなってきています。

青汁は美味しい?

不味い、苦いと思っていたものを、いきなり美味しいと言われても、本当に?と半信半疑になってしまいますよね。ですが、飲みやすく美味しい商品が増えたのは、原材料と製法が変化したからです。一昔前までは、原材料に栄養価が高い野菜として有名なケールが使用されていました。しかもケール100%で、製法の段階で味に工夫も何もされていませんでした。ケールとは、そのままの状態では非常に苦味が強く不味い野菜です。苦味があって不味くても、健康や美容に効果的だから、我慢して飲もう。

まさに「良薬は口に苦し」のことわざを地でいっていたのです。でもいくら健康や美容に効果があると言われても、苦くて不味いものを我慢して飲むのは誰だって嫌です。そのため従来の商品は、特定の人にしか需要がありませんでした。

栄養不足と健康志向が高まり

しかし、現在の日本では、栄養不足の人や健康志向の高まりにより、栄養価の高い青汁が最注目されるようになりました。そして、栄養価はそのままで、もっと飲みやすい商品は作れないかと、多くのメーカーが試行錯誤のうえ、飲みやすい、美味しい商品が完成したのです。例えば原材料も、苦くて不味いケールではなく、ケールと同じぐらい栄養価が高いけれど、苦みはない、明日葉や大麦若葉が主流になりつつあります。

またケールが原材料のものは粉末タイプではなく、サプリメントタイプにするなどの製造の過程で工夫もみられます。また味に対しても、何も工夫をせずに原材料の味そのままで作るのではなく、抹茶やハチミツを混ぜるなど、味を調える工夫をしています。以前に1度飲んで、すごく不味かったから、それ以来1度も飲んだ事がない。そんな人も多いかもしれませんが、昔と比べて味が大きく変化しています。もう苦くも不味くもない、美味しく飲みやすい青汁が存在するので、半信半疑の人も、試しに1度飲んでみて下さい。